ダービン家 地球を行く2


旅行、アメリカでの日常生活、カンザスシティ近郊レストラン情報など
by Isabel
カテゴリ
全体
自己紹介
カンザスシティ
ミズーリ州
レストラン
日常生活
DIY
おうちご飯
季節行事
Katy Trailまでの道のり
Katy Trail
自転車
旅 ユリカスプリングス
旅 テキサス州ダラス
旅 サンディエゴ
旅 ミズーリ州ハーマン
ボジョ
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳

新しい自転車を購入!

d0282167_953464.jpg






























 アメリカには、”Rail to Trail"という組織があって、これが何かと言うと、昔、電車の線路だった所を、自転車が走れるトレイルにしよう!というのを目的にしているようです。昔線路だったという事は、ずーっと続く一本道が平坦であるという事で、これはサイクリングにはうってつけですよね。それでもって、これが現役の「アムトラック」に沿っていれば、出発地点に戻るのに、電車が使える!ってことで、長距離の自転車旅行には願っても無いプログラムではないですか!でもって、この「自転車旅行」にチャレンジしよう!と、最近目覚めてしまったのです。事の始まりは、この“Rail to Trail”の一つである”Katy Trail"が、私が住むミズーリ州の殆どを東西に横切っているのを発見してしまった事です。夫の父がミズーリ州のウィンザーという所に家を持っていて、ウィンザーには何回か行ったことがあるのですが、その時、「Katy Trail入口」という看板を見たことがあったので、その存在は知ってました。で、インターネットをしていた時、このミズーリ州のKaty Trailは、Rail to Trailの中でも最長で、なんと約240マイル!殆どミズーリ州の東端から西端までぶっちぎり!というのを、発見したのです。インターネットに映っていた写真は美しく、いつか挑戦できたら良いなあと、思っておりました。

 それで、今年のバケーションについて夫と話し合ってた時、ふとこのKaty Trailを思い出し、地元だから交通費も殆どかからないし、貧乏旅行には打ってつけ!という事で、Katy Trail制覇旅行を計画したわけです!夫は若い頃、自転車乗りが得意で、私の計画にすぐ乗り気になりました。でもって、自転車乗りが得意な夫はきっと問題ないでしょうが、いくら自転車大国日本で生まれ育った私でも、240マイルを制覇するのは、きっと大変なはず。で、最近、一日一時間、家にあるバイクで練習してます。でも、やっぱ、この長距離を走るには、家にあるお子チャマ自転車じゃ、あまりにも惨めでしょうという事で、新しい自転車買ってしまいました!きっと、今回の旅行費以上の投資なんですが、元が取れるまで、これから自転車旅行を決行しようと思ってます。そしたら、これから経済的で健康的な旅行が出来るはず。自転車に乗ることは、アルツハイマー病の予防になるとテレビで言ってたので、これからずっと続けていけば、健康な老後が送れるのではと、二重効果も狙っている私。頑張らなきゃ~!

 でもって、この自転車を買うにあたり、夫の母の従弟が経営する自転車屋まで行って来ました!実は最初に行った時は閉店後で、せっかく会社からすっ飛んで来たのに、なんの収穫も無しじゃあ、やりきれん!と、ウインドー越しに店内を覗いていたら(怪しい奴ら)、スタッフの一人がドアを開けてくれました!で、コレコレシカジカと旅行について語ると、「自転車を選ぶには、ちゃんと試乗もしてからの方が良いから、10分くらいで決められる物じゃありませんよ」と、全く同感な意見をおっしゃってくれました。私もせっかく投資するなら(私にとっては安い代物じゃありません!)、きちんと調べて、ベストの物を手に入れたいので、その日は店の中を少々見せてもらうだけにしました。

 そして、雪が溶け出した数週間後、再度その店まで運転し、(これがカンザスシティから少々時間がかかる場所)、今度は閉店時間よりも一時間以上前に到着しました。で、同じスタッフが対処してくれて、私の希望にピッタリの自転車を見つけてくれたのが、上の代物です!本当を言うと、最初は私の日本人の足には高すぎたのですが、サドルを超下げてくれ(プロの人にしか出来ない技)、私にピッタリの高さにしてくれました。最初は、それだけで大感激!でもって、お店の前の駐車場を試乗させてくれて、実際こいでみたら、これまた快適!こりゃもう、私の物だわ!と即決しました!嬉しい!

 で、アメリカの自転車ってのは、籠とか後ろの荷台置きなんかはオプションで、自分で選んで付けてもらうらしいです。なので、私が付け加えたのが、(というか、夫から推薦されたのが)、後ろの荷台、水筒用ラック、メーター(何マイル走ったかとかが表示されます)、そしてピンクのカバン!この自転車旅行を計画し始めて、長距離を自転車で走った人のブログとかを拝見させていただいて気付いたのが、後ろの荷台の両側にぶら下がっているカバンです。長距離を走るという事は、当然お泊りになるという事で、そうしたら、自分の荷物も自転車で運ばなきゃいけないって事です!当然重くなれば、それだけ走るのも大変になるわけで、荷物は最小限にするべきだと思うのですが、それでも着替えとかは必要じゃないですか。それで、店にあった唯一のカバンを購入してしまいました。ピンクで40%オフだったし。私の女子心に触れる物があったのでね。これでも旅行には小さいと思うのですが、まあ、あんまり重かったら、きっと走れなくなるでしょうしね。これくらいに荷物を縮小せよって事です。なんで、このピンクのカバンは、私の自転車用スーツケースってところです。

 このオプションの品々は自分で付けるのかなと思っていたら、なんとお店で付けてくれて、他の事も調節してくれるそうで、随分サービス良いです。期待していなかったのに、翌週夫がピックアップしてくれた時は、自転車立てと、後ろの反射するやつ(なんていうのかは知らないんですが、車にもついてます。光が当たると反射するやつです)が、無料でついてました!でもって、この時はやっと母の従弟が店に居て、100ドルの商品券をくれたそうです!旅行に行くまでにもう一回行って、今度はサイクリング用のショーツをゲットしようかと考えています。サイクリングをする人は、なんであの黒いパンツとピッタリしたシャツを着てるのかなと不思議だったんですが、サイクリング用のショーツは、中にパットが入ってるんです!それを店で発見した時、大感激しました。そしたら、自転車に乗っても、お尻が痛くならない!なんて優れもの!これを入手して、楽々自転車旅行(そんな物が存在するのかはわかりませんが)を実現したいと思います!それでは皆様、乞うご期待!
[PR]
by disoko7 | 2013-03-18 10:40 | Katy Trailまでの道のり
<< 自転車旅行情報 ファミリー・リユニオン >>


外部リンク
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
ライフログ
検索
その他のジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル